ブロックチェーンの仕組みについてわかりやすい図付きで解説!

管理人おすすめ!

初心者から中級者までの情報を網羅する最新仮想通貨ポータルサイト!

基本の情報から投資の方法まで、仮想通貨の全てを学ぶことができます!

104承認済み名無しさん 2017/12/25 07:21:47 xkvihv85.net
XRPってブロックチェーンじゃないらしいけど
仕組みとしてはただの電子マネー的なものなの?
128承認済み名無しさん 2017/12/25 07:57:55 GiiFxAo3.net
>>104

この図が分かりやすいと思う

要するに、「ブロックチェーン」は
「分散型台帳」の中の一つ

で、分散型台帳の中には、ブロックチェーン以外にも
いくつかの種類が存在していて、例えば、
リップル社の開発した「コンセンサス・レジャー」もある

マイニング(採掘)の有無、公開ネットワークなのか
非公開ネットワークなのかで、4種類に大別できる

リップルの場合、非マイニング・公開ネットワーク
だから、銀行とかが取引を公開されるのを嫌がって
コンセンサスレジャーとか、インタープロトコルレジャーを導入しても
XRPは導入しないって可能性もあるんだよね
その場合、XRPをフォークして、非公開ネットワークにしたものを使うかもしれない

132承認済み名無しさん 2017/12/25 08:01:37 GiiFxAo3.net
>>128
http://doublehash.me/tag/ripple/

金融機関が志向しているものは、真反対だ。
図で言うと右下にあたる。閉じられたネットワークで、外からトランザクションは参照できず、信頼できる限られたノードによりコンセンサスを行う。
Hyper Ledgerなどは、このタイプと考えられる。
これは自行内の管理や、自社で国際ネットワークのある金融機関内でのトランザクション処理に向いているだろう。
専用ネットワーク、専用ノードによるクローズドなシステムになるだろう。

rippleは、コンセンサス部分は、限られたノードによる相互認証であるが、
レジャー自体は一般に公開されている。図で言うと、左下にあたる。
金融機関がこれを採用する場合がどういう場合かを考えているが、銀行間のトランザクションでレジャーが公開されていても良い場合は限られる。

147承認済み名無しさん 2017/12/25 08:17:44 NE2jx27D.net
>>128
・銀行はILPを導入してもXRPは使わない
・XRPのフォークコインが使われてXRPは使われなくなる

リップルアンチの1000年変わらぬ常套句
判り易過ぎて噴飯するわ
「ウォレットのホワイトリスト化」も出せよ。箔が付くぞ

ソース http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/cryptocoin/1514140335

管理人おすすめ!

初心者から中級者までの情報を網羅する最新仮想通貨ポータルサイト!

基本の情報から投資の方法まで、仮想通貨の全てを学ぶことができます!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする